無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

過去 そらるside
そらるside
今日から俺の通ってる学校にまふまふと天月が入学してくる。
まふまふ
まふまふ
あっそらるさんだ
おはよーございますヾ(o≧∀≦o)ノ゙
天月
天月
ちょっとまふ君速いよ
まふまふ
まふまふ
え?
そうかな?
そらる
そらる
おはよ二人とも
まふまふ
まふまふ
また今日から、そらるさんと学校に通えるんですね( 〃▽〃)
そらる
そらる
まぁそうだな
まふまふ
まふまふ
僕、学校嫌いだけど、そらるさんとまた通えるなら頑張れそうです!
そらる
そらる
おー、ガンバレ(棒)
天月
天月
そらるさん、棒読みww
そらる
そらる
そういえば、中学同様学校では本名な
まふまふ
まふまふ
分かってますよ~( ≧∀≦)ノ
天月
天月
えーホントに大丈夫なのかな?
そらる
そらる
心配だな( ´Д`)=3
まふまふ
まふまふ
大丈夫ですって、
そらっ、、、彼方さん
そらる
そらる
言ったそばから...
天月
天月
(ホントに大丈夫なのかな...
そんな他愛ない話をしながら学校の門をくぐる。
その時、偶然一緒のタイミングで校門を通った女子が目にはいった
その子は一人なのに、やけに嬉しそうででも何か闇を抱えているようで
俺はその子に興味をもった
そらる
そらる
(...同じ学年では無さそうだな新入生かなぁ?
俺は、不覚にもその子に一目惚れをしたのであった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る