無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

過去 あなたside
あなたside
あの後すぐ自分の家に入り、彼方先輩達の言ってた歌い手?さんの曲を聞いてみることにした
あなた

確か…「そらる」、「まふまふ」、「天月」
だったよね?

そう思って、「そらる」さんの曲を開いてみた
あなた

うわぁー、沢山ある…

あなた

えっと…これは、「ユーリカ」か

あなた

…綺麗な声だな、優しそうな声

あなた

あっ、終わった
次は…この「天月」さんの曲を聞こうかな

検索項目を「そらる」から「天月」に変えた
あなた

この人も沢山…
どれ聞けばいいんだろ?

あなた

(;-ω-)ウーン
取り敢えずこれでいいか

あなた

これは、えっと「それはきっと恋でした。」…か

あなた

…凄い
上手すぎる、凄く爽やかな歌声だな

あなた

最後は…えっと…「まふまふ」さんか

検索項目を「天月」から「まふまふ」に変えた
あなた

ど、どれにすればいいのだろう…

あなた

取り敢えず、これで

あなた

「輪廻転生」…だって

あなた

うわぁー、声高い
女の人なのかな?

あなた

って、さっき男の人だって言ってたなw

あなた

でも、歌声が凄く綺麗で、
歌詞が次々に心に沁みてく

ひと通り聞き終わった。
あなた

この歌い手?っていう人達凄いな。自分で作詞作曲した曲とかが認められて、
ファンも多くて

あなた

それにしても、彼方先輩達はよくこの人達の事知ってたな。
…今巷で有名なら、知ってて当然かw

あなた

でも、この3人の声…
どっかで聞き覚えのあるような、無いような…

あなた

考えるの疲れるからやーめた

あなた

勉強でも、しようかなっ

そう意気込んで、自分の教科書やテキストの乗っている机に向かい、勉強を始めたその時だった
かける
あなたちゃーん!
今、メールしても大丈夫?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る