無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

過去 あなたside
あなたside

AM5;00

ピ、ピピ、ピピピピ
あなた

...ん...
う~ん、はぁもう朝か
そろそろ起きよ

見慣れない天井に少々戸惑いながらも、伸びをしてベッドから出る。
あなた

ご飯どうしようかな~?
...うん食材ないからお菓子でいいや

我ながら不健康な生活だと自覚している
でも、私の事を気遣ってくれる人なんて居ない。
だから私が健康である意味なんてないのだ。それどころか生きる意味もない。
愛してくれる人が沢山いても、生きる価値を見いだせない人間なんてこの世には沢山いる。
そんな人達と私が唯一違うのは生まれたときから愛してくれた人が居ないことだ。
寧ろ死んでくれって頼まれたぐらいだ
生まれてからずっとこの調子だから、寂しいと思うどころか、頼れる人が居ないことに悲しみや憎しみを覚えたことすらない。
あなた

...頑張って親から逃げられたのに、
この調子じゃダメだな
まるで何時までも、親に縛られてるみたい

この感じが嫌で、嫌で仕方がない
そんなとき、自分の心臓をづたづたに切り裂いてしまいたいという衝動に駆られる
でも、そんなことをしても喜ぶのは親だけで、自分になんの特もないのだ。
せっかく自由になれたのに..そんなことで人生を無駄にするのは勿体ない













































........何て思えたらどれ程楽か

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る