無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

そらるside
そらるside
そらる
そらる
....ん~
もう昼前か。
そんなことを思いながら、ベッドから出る
「昨日、何時に寝たっけ...」とか、「昨日何してたっけ...?」
とか考えながら、洗面所に行き鏡を見る。
そらる
そらる
うわ...
いつも通り凄い寝癖
水で濡らし、てきとうに直す
服を着替えて、リビングへ行く。
まふまふ
まふまふ
あ、そらるさん
おはよーございます。
...昼前ですけど。
そらる
そらる
んーまふ
おはよー
まふまふに挨拶をして、てきとうに食事を済ます
そらる
そらる
今日は...何をしようかな
全ていつも通り
何もかも普通に進んでいるのに、俺の心には大きな穴が空いているようで
時々、とてつもなく虚しくて、悲しくなる。
そらる
そらる
...あなた
何してるのかな
そらる
そらる
...いやいや、俺はいったいなに考えてんだ
あなたの事なんて知ったことか
そらる
そらる
あなたが、俺を裏切ったんだ
俺はなにも悪くない
まふまふ
まふまふ
そらるさん、何一人でぶつぶつ言ってるんですか?
そらる
そらる
ヽ(; ゚д゚)ノ ビクッ
べ、べつになんもいってないけど
まふまふ
まふまふ

ならいいんですけど
まふまふ
まふまふ
(まだあなたのこと忘れてないんだ。もう5年も経つのに
いい加減あなたのことなんて忘れて僕だけをみてくれればいいのに、、、)
ーーーーーーーーーーキリトリ線ーーーーーーーーーー
次回ぐらいから、あなたの過去について書いていこうと思います

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る