無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

NOside
居酒屋
同僚
同僚
~それでさ
いつも彼氏がさ
あなた

(またこの話してる...)

同僚
同僚
うわーもう酔ってやんの
同僚
同僚
うるしゃい
酔ってないもん
あなた

酔ってんじゃん

同僚
同僚
て言うかちゃんと私の話聞いてる?
あなた

き、聞いてる!ちゃんと聞いてるよ

同僚
同僚
あなたも変なヤツに絡まれて大変だな😅
あなた

でしょ~

同僚
同僚
話の腰を折るな!
あなた

ハイハイ

同僚
同僚
そういえばあなたって彼氏の話一切しないよね?
いないの?
同僚
同僚
そういえばそうだな
俺もその話は気になる
あなた

ん~...
前はいたよ

同僚
同僚
今は?
あなた

どうしても、彼のことが忘れられなくってさ

同僚
同僚
えーそれ、
ずっと引きずってるの?
あなた

まぁ、そういうことになるよねw

同僚
同僚
そんなヤツさっさと忘れて新しい恋をすればいいのに
あなた

まぁ確かにそうなんだけどね😅

同僚
同僚
あなた、めっちゃかわいいんだからすぐに相手見つかるはずだよ😁
あなた

お世辞はいらない( - _ - )

同僚
同僚
お世辞じゃない(  ̄▽ ̄)
あなた

もう酔いすぎ
それぐらいにしときな

同僚
同僚
もっと飲むもん!
あなたが飲まなさすぎなんだよ
あなた

だって私はお酒弱いから...

同僚
同僚
うーん
どっちもどっちだな
あなた

ほら、雄聖も手伝ってお酒取り上げて

同僚
同僚
ヘイヘイ
あなた

すみません
お茶を一つ

「かしこまりました」
同僚
同僚
もー
何するのさ
あなた

これ以上飲んだら、送る雄聖も大変でしょ

同僚
同僚
え、俺が送るの?
あなた

お願いできないかな?
私車椅子だし、部屋まで連れていけなくて

同僚
同僚
仕方ないな
あなた

ありがと雄聖

代金を払い、お店をあとにする
彼女はかなりできあがっており、雄聖もかなりてこずっていた。
あなた

じゃあ、私帰るから
雄聖も優空も気をつけて帰ってね

同僚
同僚
おう、じゃあな
同僚
同僚
うん、バイバイ~

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る