無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

過去 そらるside
そらるside

俺はずっと真冬と翔を待っている。待っているはずなのに、何時になっても来ない
そらる
そらる
(まふと天月遅いな...)
天月
天月
あっ、まふ君彼方さん居たよ
まふまふ
まふまふ
えっ!
どこどこ(゜Д゜≡゜Д゜)?
天月
天月
ほら、あそこあそこ
まふまふ
まふまふ
あっいたー!!!
天月
天月
ちょっとまふ君待ってってば!
まふまふ
まふまふ
かーなーたーさーーん!
誰かが、大声で俺の名前を呼んでるような...まぁ気のせいか
それにしても遅いな...なんて思っていたら誰かが凄い勢いで俺の背中に突進してきた。
そらる
そらる
うわぁ!イテテ..
誰だよってまふか、翔は?
まふまふ
まふまふ
えっ?
いない...そういえば置いてきちゃいました(;゚∇゚)
そらる
そらる
ったく、
まふまふ
まふまふ
ごめんってば、翔君
天月
天月
まふ君..待ってって..言ったのに...ハアハア
そらる
そらる
お疲れ翔
そらる
そらる
じゃあ、そろそろ帰るか
天月
天月
そうですね!
まふまふ
まふまふ
よし、帰ろー!
家までの帰り道、今日あった出来事を一人ずつ話しながら歩いた。
まふまふ
まふまふ
でですね、僕、校長の講話中ずっとうとうとしてて...
校長の講話って眠くなりません?
天月
天月
まぁ、そんな気もするけど...
ちゃんと先生の話を聞かなきゃダメだよ!
そらる
そらる
うん。真冬と翔が同じクラスで俺はホントに安心してるよ
まふまふ
まふまふ
って僕の話聞いてます?
まぁ、この僕にかかれば翔君も安心ですよ!
そらる
そらる
そうじゃない。
真冬の暴走を止められるのも、注意深く見ていられるのも翔が同じクラスだったからだなと思っただけだ。
そらる
そらる
これからも注意深く監視しとけよ?翔
お前だけが頼りだから
天月
天月
はい
分かってます!彼方さん
まふまふ
まふまふ
そ、そんな~
天月
天月
そういえば今日話したあなたちゃん、可愛かったな~
ねぇまふ君!僕、もっと仲良くなりたいな
まふまふ
まふまふ
えぇそうですか?
僕からしたら、そのあと囲んで来た女の子たちとあまり変わらないような感じしたけどな。
まふまふ
まふまふ
僕はそんな子よりも、あのぶりっ子が嫌だな(^-^;
出来るだけ話したくないし、話しかけられたくない
天月
天月
それは、わかる気がする...
俺が、一人考え事をしていたら、そんな話を二人がしていた。
そらる
そらる
へぇ、お前達のクラスにもいろんな人がいるんだな。
で、そのあなたちゃん?とかって言うのはどんな子?
天月
天月
でも、何か悩んでるように見えた。
笑ってるけど、上部だけのような...心に闇を抱えてるような
そんな感じがしたんです。
まふまふ
まふまふ
あぁ、あなたちゃんですか?
とても不思議な子ですよ。自己紹介してるとき、仲良くしてほしいとかって言ってたのに、近寄りがたい雰囲気醸し出してるし
そらる
そらる
へぇ、あなたちゃんねぇ
もしかしたら、今朝校門で見かけたあの子なのかも知れない。
俺は瞬時にそう思った。でも、今の俺はその子に関わるすべがない
そらる
そらる
(もっとそのこの事が知りたい。でも、どうしたらいいものか...)
まふまふ
まふまふ
...なたさん、彼方さん!
大丈夫ですか?
そらる
そらる
っえ?
天月
天月
さっきからずっとボーッとしてましたけど...
そらる
そらる
あぁ、別に大丈夫。
っていうかもう真冬の家じゃん。じゃあまた明日な
天月
天月
えっ、あぁはい。
まふ君、彼方さんまた明日
まふまふ
まふまふ
バイバイ(⌒0⌒)/~~

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る