無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

あなたside
あなた

......ん......

あなた

また、「あの夢」か...

そんな寝起きにうんざりしながらも、いつも通り仕事へ行く準備をする。
時刻はまだAM5;30
ベッドへの名残惜しさがあるものの、準備をしないと間に合わない
ベッドから出て、慣れた手つきで電動車椅子に一人で乗る。
私の今住んでいる部屋は、全面バリアフリーで独り暮らしには十分
...いや、もったいないほどの部屋だ
電動車椅子で移動して、顔を洗い、髪を結び、パジャマから着替える。
朝御飯...何か作ろうかとも思ったが、面倒くさくなったのでコーヒーだけで済ませる。
軽く化粧をして、時刻はもうAM7;00前
会社の始業時刻はAM8;00だからまだ時間はある。
洗濯物を干し、昨日の皿も洗い終わった。
あなた

家にいてももうやる事ないし...
そろそろ行こうかな

コートを着て、カバンをもつ。
玄関に行き、忘れ物がないかを確認して家を出る
鍵を閉めて、駐車場まで行き車に乗り込んだ。
すべていつも通り。こんな生活になってからもう5年。
あなた

時間が経つのって早いな

そんなことを考えながら、エンジンをかけ車を走らせるのだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る