無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

過去 天月side
天月side

...まふ君が遅い。
さっきからずっと彼方さんと集合場所で待ってるのにいっこうに来る気配がない
そらる
そらる
...ってかまふのやつ遅くね?
天月
天月
ですよね?
僕らの勘違いなんかじゃなくてやっぱり遅いですよね?
そらる
そらる
あぁ、いくらなんでも遅すぎだよ...
電話にも出ねえし
天月
天月
どうしたんだろまふ君
いつも通り、寝坊かな?
そらる
そらる
...だろうな
まだなおってなかったのかよ寝坊癖
俺が中学の時もまふのせいで何度学校に遅刻したことか
天月
天月
でも、彼方さん。
あれは、どうやっても治りませんよ
まふ君のことだから
彼、治す気なんて更々ないし
天月
天月
僕も幾度となく遅刻をしました。
そらる
そらる
本当に大変だな。翔は
感謝してるよ、まじで
天月
天月
別に大丈夫ですよ!
友達ですからΣb( `・ω・´)グッ
そらる
そらる
...俺だったら、諦めて置いてくよ
天月
天月
はい、僕も正直何回か置いていきました。
さすがにヤバイので
そらる
そらる
大丈夫だ翔
お前はなにも悪くない。
天月
天月
ありがとうございます
そらる
そらる
そういえば、翔
お前のクラスの不思議ちゃんの事何か分かったらまた教えろよ?
天月
天月
不思議ちゃん?
...あっもしかしてあなたちゃんの事ですか?
そらる
そらる
そうそうその子
天月
天月
別に良いですけど...
理由って聞いても大丈夫な感じですか?
そらる
そらる
始業式の日、校門で見かけて少し彼女の事が気になったんだ。
お前らのいう通り、不思議な雰囲気を醸し出してたから
みた感じ俺の同級生にも、先輩にも彼女らしき人は居ないからきっと新入生なんだろうと思ってたんだけど...
翔とかまふの話を聞くうちに俺が見たあの子なんじゃないかと思って
天月
天月
そういう事だったんですね。
良いですよ!協力できることなら僕、出来るだけ協力します
そらる
そらる
ありがとな、翔
まふまふ
まふまふ
あっ、いた‼
天ちゃん、そらるさーん!
すみません寝坊してしまいました(*>∇<)ノ
そらる
そらる
あーやっと来た
おっせーよ!まふ!!
まふまふ
まふまふ
すみません(*>д<)
天月
天月
ホントだよまふ君!
遅すぎて、あと少しで置いていこうかと思った
まふまふ
まふまふ
ご、ごめんってば~
そらる
そらる
...ってか、時間やばっ!
マジ新学期早々遅刻はまずい
走るぞ、翔、まふ!
天月
天月
は、はい!
まふまふ
まふまふ
まっ、待ってくださいよー

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る