無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あなたside
家から会社までは、車で約15分
遠すぎず、近すぎないところがかなり便利だ
車を走らせること17分、会社に着いた。
ここでいつも通り同僚に電話をかける
(プルルルル... プルルルル ...プルル..)
???
???
もしも~し
あなた

あっもしもし?優空?おはよ~
下に着いたから手伝って~

同僚
同僚
OK❗
同僚
同僚
来たよー
あなた

ありがとー

同僚
同僚
どういたしまして😁
そんなやり取りをしながら、
車から降り、車椅子に移るのを手伝ってくれる。
あなた

いつもホントにありがと
めっちゃ感謝してる。

同僚
同僚
そんなにかしこまらなくてもいいのに(笑)
あなた

で、でも...

同僚
同僚
あっでもその代わり、
私の分の仕事も手伝ってもらうんだからΣb( `・ω・´)グッ
あなた

wwいいよww
そんなことでいいのなら

同僚
同僚
そんなことってΣ(´□`ノ)ノ
私からしたら大変なことなの!
あなた

その状態で、課長が務められてるって凄いよね

同僚
同僚
でしょ~(σ≧▽≦)σ
あなた

いやいやそういう事じゃなくて。
任命した上層部の人が凄いなって思った

同僚
同僚
( ゚д゚)ポカーン
あなた

もういいや
そろそろ上行こっか

同僚
同僚
...うん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る