無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

過去 あなたside
10年前
それは、高校の入学式の日だった。

父親「義務教育の間はお前を養ってやったんだ。いい加減この家を出ていけ!」
母親「そうよそうよ!貴女なんてもうウチにはいらない殺されないだけまだマシだと思いなさい」

産みの親である両親から、嫌われ虐待をうけること15年、私はとうとう家まで追い出されるはめになった。
あなた

分かりました。家を出てきます
今まで15年間家に置いてくださって本当にありがとうございました
私なんかに願われたくないかもしれませんが、どうかお元気で

それだけ伝えて、家を出た私のことを両親はどう思っているのだろうか。
今更両親にもこの家にも思い残すことはない
養ってもらったといっても、学校の授業料や給食費は全て自分で払っていたし、
親に何かしてもらった記憶もない
兄弟もいなく、友達もいなかった私は相談相手も居らずいつも一人だった。
親につけられた傷が痛々しく残った腕を見る。
昨日までの虐待の傷が少々痛むものの気にしない
親の呪縛から逃れられたと思うだけで、もう思い残すことはないほど嬉しかった。
あなた

今日から高校生
もう怖いものなんて何もない
高校生活を楽しむ気は更々ないけど、目立たないように頑張ろうo(・∀・`o)

そう意気込んで、入学式のある高校に足を踏み入れるのであった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆず
ゆず
よろしくお願いします🙇 誤字脱字等あると思いますが、頑張ります あと、一応受験生です。勉強の関係で、投稿が一時的にできなかったり、遅くなることもあると思いますが、大目に見てもらえると幸いです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る