無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

D.N.×塩なの?砂糖なの?
あなたside

私には幼なじみがいます

基本塩な彼だけど好きなんです

まぁ多分あっちは気づいてない
You
You
ねね大吾〜
Daigo
Daigo
ん?
You
You
なんでそんなに塩なん?
Daigo
Daigo
別にいいやろ…?なんかダメなんか?
You
You
いや、別に?
Daigo
Daigo
ならえぇやん
ほじゃ流星のとこ行くから
どうやったらあの人はウチの気持ちに気づいてくれるのでしょうか、、
Ryusei
Ryusei
〜だったんよw
Daigo
Daigo
そうなん?!笑
おおにっちゃんの前ではあんな笑顔なんにね

なんでうちの前となるとしおになるん、?
大吾side
俺には大切な幼なじみがいる

俺はあなたの事好きなんや

でも何故かあなたの前だと塩対応になってしまう

こんなんやったら絶対好きになってもらえへん
分かっとるんやせやけど
Daigo
Daigo
なぁなぁ流星、、?
Ryusei
Ryusei
ん?どしたん?
Daigo
Daigo
どうやったら振り向いてもらえると思う?
Ryusei
Ryusei
そんなん簡単やん
大ちゃんが塩対応やめればえぇんよ
Daigo
Daigo
分かってんねんけどな、出来んねん、
Ryusei
Ryusei
そんなんやったらあなたちゃん取られんで?あなたちゃん可愛いから好きな人多いで?
Daigo
Daigo
そうなん?
Ryusei
Ryusei
こんなに一緒に居て気づかんの?!
Daigo
Daigo
基本あなたしか眼中にないから
Ryusei
Ryusei
そっか、、笑そんなに好きなんやねw
Daigo
Daigo
あったり前
Ryusei
Ryusei
大ちゃん知っとった?
Daigo
Daigo
何を?
Ryusei
Ryusei
隣のクラスのイケメンで有名な○○も好きなんやと
Daigo
Daigo
誰を?
Ryusei
Ryusei
大ちゃんアホなん?あなたちゃんやって!
Daigo
Daigo
嘘やんな?
Ryusei
Ryusei
ほんまやって
今日こそは絶対に言わなくちゃ、

俺はあなたのことが






















好きだって