無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
あなたside

学校を休むとは、案外楽しいもので…


レオン様のLIVEDVDも無限ループで見続ける。


そんなことをしていればいつの間にか時間は過ぎていってしまった。




そんなところで、私のスマホの通知がピコンっと鳴る。



…はっ!



レオン様と瓜二つの壱馬くんからではありませんか…!!←


川村壱馬
「体調どう?大丈夫?」

なんてお優しいお言葉を…

あなた

「うん、明日にはもう行ける!ありがとう、神だね。神神」

川村壱馬
「ん?笑」

レオン様影響もあってか、一つ一つ文字だけでもいとおしい。


尊い…なんて私は幸せもの…

川村壱馬
「あ、今日な」
川村壱馬
「修学旅行の班決めしたんやけど、」

ピコンピコンと連続で通知が鳴り続ける。


修学旅行…そうだ。うちの学校色々異色なんだった。

高1の2学期で修学旅行…わかんないけど中途半端じゃね?←



川村壱馬
「班が4人で、俺と雪崎さんと…」

え、修学旅行の班まで壱馬くんと同じとか最高過ぎんか…

雪崎さんって…たしか、いつも一人で本読んでるあの子…かな。

川村壱馬
「長谷川慎。」


…ん?



んんんん!?




ハセガワマコトサン……


地味に壱馬くんもフルネームで書くっていうね()


ん?関係ない? あはは…


あなた

「ありがと!明日絶対行く。」

川村壱馬
「おん!待っとる。」


はい、わたくし。


これにて思考停止しました。←






どうしよ。