無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14
あなたside
あなた

なん…と…



とうとう来てしまった、、。






修学旅行…東京…











川村壱馬
あなたちゃん大丈夫?
あなた

え?ああだいじょぶ!

川村壱馬
そう…?
あなた

あはは…






結局なにも話し合ってない(白目)



その時の勘に合わせろって…そういうことらしい。








ああ神様……どうか無事に帰れますように……←




さっちゃん
そっちの班大変そうだけど頑張ってー!東京エンジョイすんだぞ!
あなた

うん…w



自由時間になった瞬間。


クラスの班全員がいっせいに飛び出して各場所に散っていく。








…私達を除いて。



あなた

どーしよっか…

長谷川慎
……
川村壱馬
……
雪崎さん
あ…の…
あなた

ん?

雪崎さん
東京の図書館…行ってみたいんです…けど…あ…ご、ごめんなさい!!


雪崎さんが喋り終わったあと、不意に壱馬くんと目が合い二人同時にふっと笑いあった。





あなた

ふふ…いいよ!行こう図書館!

雪崎さん
え…
あなた

だって、行きたいんでしょ?行かなきゃ!

雪崎さん
……
川村壱馬
サンキュー雪崎さんっ。

壱馬くんがポンッと雪崎さんの肩に手をおいている。


雪崎さん本人はというと、少し目を赤らめながらも微笑んでいるように見えた。
雪崎さん
ありがとう…ございます!
あなた

もー、なんか敬語とか堅苦しいからやめよう?w

あなた

あ、じゃあこれからゆっきーって呼んでいい?

川村壱馬
おっ、良いじゃんゆっきー。
雪崎さん
うん…//
長谷川慎
……




慎は相変わらずだけど←、少しだけ距離が縮まった気がします!