無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
あなたside
あなた

おはよ~

さっちゃん
あなたおはよー!

教室に入るとさっちゃんが大声で私を呼んでくれる。


クラスの中じゃ慎を抜いたら一番仲いいかもしれない。


え?本名?ダメだよ!?


私の大切な友達の個人情報なんていえない…!!


さっちゃん
今日転校生来るらしいよ。
あなた

え、ほんと!?

さっちゃん
しかも!お・と・こ!
あなた

わー!


レオン様みたいなイケメンこないかな~…ってそれは高望みすぎかw
でも楽しみ…!

浦川翔平
おはようございます、皆様。
今日も元気に参りましょう

そんなことを言いながら翔平が教室に帰ってきた。


このクラスのムードメーカーな翔平は私達とも仲がいいのと平行に慎とも仲がいい。



あなた

あれっ!翔平今日は早いね!!

さっちゃん
確かに!
浦川翔平
今日は、私のfriendがこのクラスに転校してくるということで早めに参りました。
あなた

えっ、イケメンイケメン!?

さっちゃん
いやあなた、最初の質問がそれってw

あ……つい癖で……あは☆

浦川翔平
はい!もうイケメンのイケメンといったところでしょうか。
浦川翔平
この前あなたに写真を見せてもらったお方に物凄く似ておりましたね。
あなた

えっ……それってレオ……

先生
はーい!時間だぞー!座れ~!

まだ翔平に聞きたいことがあったが、先生の言葉で下記消されてしまった。


逆らうわけにもいかず仕方なく我慢して席に座る。


あれっ…そういりゃ私の隣の席空だ。
もしかして転校生くんの……



先生
今日は最初に転校生を紹介する。入ってこい。

ガラッガラッ


勢いよくドアを開けて入ってきたのは…











川村壱馬
はじめまして。川村壱馬です。

…………


私は目を見開いて、川村壱馬という男を見る。


周りからは「かっこいい…」とか「イケメン」とかそんな言葉がちらほら聞こえるが、かっこいいとかのレベルじゃない。





レオン様にそっくりなんだ……。




浦川翔平
おほほほほほ
川村壱馬
あ!翔平やん!

私がびっくりしている間に、翔平達は感動の再会(?)を果たしていた。



先生
席はあなたの隣なー、お前学校案内とかしとけよ。
あなた

は……い。

先生
あれ、今日元気ない?

いつも気持ち悪いほどのハイテンションでいる私が、こんなにも固まっていることに先生やクラスのみんなが驚いている。

さっちゃん
あなた?
長谷川慎
………
あなた

あ…ああ!すんません!


私あまりみんなに心配をかけたくないので、慌てて誤魔化した。

川村壱馬
あの…
そうしてる内に隣から低いイケヴォな声が聞こえてくる。

川村壱馬
よろしくお願いします。あなた…さん?
















あ、私今日命日だわ。