無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15
あなたside
あなた

………ひっろ!



地方組のうちらからしたら東京の図書館というものは比べ物にならないほど広々としていた。

雪崎さん
わあっ…
川村壱馬
おお…
長谷川慎
……

横を見ればそれぞれ違う驚き方をしていて、それを見てるだけでも面白い(笑)

雪崎さん
ちょっと私見てきますね!!

特にゆっきーは普段あまり表情の変化とかを見れないからねw



はしゃいでる姿はなんというか…レア物?←


あなた

あれ、壱馬くんも本好きだよね?

川村壱馬
うん、めっちゃ好き。
あなた

目輝いてるw

川村壱馬
ふっw…ちょ、俺も見てくるわ。


ゆっきーに続いて壱馬くんも図書館探検へ。(ネーミング←)


今日初めて慎と二人っきりだ。

あなた

もうちょっとリアクションできないですかねー…

長谷川慎
する必要無いし。
あなた

あ、そうですか…←



そのときふと目に止まった本。


あれは…






私が1巻から必死に集めて最近完結したばかりの超純粋少女漫画小説…!!←



あなた

え、まって。私ちょっと行ってくる。ここにいて。

長谷川慎
は…ちょっ!!



慎の言葉なんて無視してその本向かって全力疾走(・_・)←



真っ先にとろうとしたその時。


あなた

あ。

??
あ。


誰かと手がぶつかりました。