無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17
あなたside
あなた

えあ、ちょっと!


私の腕を掴んだまま車まで走っていく男性。


普段運動しない私は少しだけでも息を切らしてしまう。
あなた

はぁはぁはぁ…

片寄涼太
あ、大丈夫ですか?
あなた

あ…だいじょぶ…です

片寄涼太
乗ってください。


気がつくと目の前には長めのバスのような車が。

あなた

えっと…

片寄涼太
まあまあまあ。

そのまま男性に押されて車の中に入ってしまった。


中にはあの男性と同世代くらいのまたもや男性が、いち…に………



ろ……6人!?



そしてあの男性を合わせれば7人…

片寄涼太
あ、僕片寄涼太っていいます。
GENERATIONSっていうグループでvocalをしてるんですけど、これがそのメンバー。
あなた

あ……なるほど…

片寄涼太
俺達のこと知らない…ですか?
あなた

……ごめんなさい、存じ上げておりません←

片寄涼太
ですよねw
あなた

あ、敬語やめてください!圧倒的格差が……

片寄涼太
ww


涼太さん?は笑ってるけど、他のメンバーさん達は不思議そうにこっちを見つめてるし…







……居づらい。←