無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
あなたside
先生
じゃあ各班わかれて予定決めするように~


皆様、助けてください。



私今ピンチな状況に追い込まれております…

あなた

……

長谷川慎
……
川村壱馬
……
雪崎さん
……

修学旅行予定決めの授業。


慎と壱馬くんはなんかすんごい睨みあってるし、


普段あまり言葉を発しない雪崎さんは俯いて目すら合わないし…



んー、気まずい!気まずすぎる!

あなた

あのー…予定決め…しましょ?

川村壱馬
あなたちゃんの行きたいところがいいな。
雪崎さん
わたっ…し、ど…どこでもいいので!!
長谷川慎
……
な……


な……





なんだこのチームワークの無さ!!

あなた

まこっ…は、長谷川くんはなんか行きたいとこある?

長谷川慎
どこでもいい。

あぶねー…クラスの人の前で「慎」呼びするところだった…


で、塩対応は健全と。


腕組んで今日だいぶ不機嫌だな…w

川村壱馬
なあ、ちょっとは案出せないわけ?
あなたちゃん困ってんじゃん。
長谷川慎
そっちこそ具体的じゃないし、あなたに任せっきりじゃん。
川村壱馬
は、、

男子二人の言い争いの中で、壱馬くんが目を丸く見開いたのが私からでもわかる。


多分「あなた」って言ったのに反応したんだろうな…


壱馬くんはめっちゃ優しいからそういうの気を使っていまだにちゃん付けだったし…



なんてことをいってくれるんだと慎を睨むと、案の定なんともないような顔。






…ダメだこの人。















さっちゃん
あなた~!どこ行くか決まった~?…ってなにその老けた顔。
あなた

はぁ…ふけっ…老けた!?

さっちゃん
こっちは翔平達と渋谷行くことになったんだけど…そう言ってる場合じゃ無さそうね。
あなた

うん…



行き先は東京。



初めての都会で物凄く楽しみにしてたけど、






今は不安しかないです…、、。