無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

お風呂タイム
紗季
涼太くん行ったから、大輔は布団敷いとけ。
大輔
へい。
紗季
( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧ファイティン!!
大輔
絶対思ってへんやん。
紗季
さすが双子。分かってるー!
壱馬
仲ええな。
紗季
どこが笑壱馬の方が仲良いと思う
壱馬
そなの?
紗季
せやで、多分。
大輔
俺はどこいったー!笑
紗季
どっかいっちゃった。笑
大輔
えぇ。
壱馬
あんな子、ほっといて布団引くぞー!
大輔
おぉー!笑
紗季
おーい!どうなっとんじゃーい!笑
涼太
紗季ー!服持ってきてー!
紗季
あら、随分に綺麗なお声で笑
涼太
そんなこと言ってないで。笑
大輔
あ、紗季、これ。
紗季
てんきゅー
壱馬
紗季ってさ、歌ってると発音いいのに、普通の会話だと発音ある意味凄いよね。
大輔
そうですね。
紗季
涼太くん、はい。
涼太
ん、ありがと。
紗季
いえいえ。
紗季
そーいえば涼太くん、GENE高の温泉企画で見た時より、体格?よくなった気がする。
涼太
そー?変わらないと思うけど笑笑
涼太
着替え終わったから、壱馬呼んで?
紗季
分かった。
紗季
壱馬ーーーーーーー!!
壱馬
はーーーーーい!
紗季
次どうぞー!!!
壱馬
ほいほい。
涼太
ちょっとい?
壱馬
あはい。
紗季
戻ってた方がい?
涼太
うん。
紗季
それでは、ごゆっくりー!
壱馬
で、どうしたんですか?
涼太
今日、俺紗季に告白するつもりだから。
壱馬
え。
涼太
それだけ。
壱馬
じ、じゃあ俺もします!
涼太
じゃあ一緒にする?笑
壱馬
いや、涼太さんに負けるの感じるのやなので笑やめときます。笑
涼太
じゃ。
紗季
何話してなの?涼太くん!
涼太
特に何も?
紗季
そ?大輔が呼んでたから行ってあげて?
涼太
うん、わかった。でも、その前にちょっといい?
紗季
ん?うん。いいけど。
涼太
紗季と初めて会った時に一目惚れして、その後紗季のことを知っていくうちにどんどん好きになっていった。
優しいとことか、可愛いところ、ちょっと天然な所、誰よりも努力して頑張るとこ·····紗季の全部が好き。
俺と付き合ってくれませんか?
紗季
·····
涼太
さ、き?
紗季
あの。ほんとに、ありがと!でも、もうちょっと後でいい?返事は。
ごめんね。でも、気持ちはありがと!
涼太
ん。わかった。じゃあ、大輔くんのとこ行くか。
紗季
いってらっしゃい。