無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ジェネトーク②
あなた

早速リスナーさんからのお便り見ていこうと思います!

あなた

えっと、もえぽんさんからです!
もうすぐ、彼氏が誕生日なんです。そこで、誕生日プレゼントを渡そうと思うんですけど、何が欲しいか分からなかったので、彼氏の仲いい友達に聞いたら、私の持ち金では、買えないような値段のものでした。
こういう時、紗季ちゃんなら何をあげますか?

あなた

だそうです!

亜嵐
どんなもの欲しいんだろうね笑笑彼氏さん。
それは思いました笑笑
亜嵐
で?紗季は何渡すの?
あなた

んー、うちならアルバム渡す。

おぉ!なんで?
あなた

作るのには、時間かかったりすると思うし、写真集めるのとかは大変かもしれないけど、でもその分、もえぽんちゃんの愛情が注ぎ込まれてるからいいと思う!だってさ、どんなに高価なものでも、気持ちがこもってなかったらどんなものを貰ってもいい気はしないじゃん。それなら、高価じゃなくても、気持ちのこもったものをあげたほうが、彼氏さんは喜ぶんじゃないかな?

亜嵐
確かにそうだね。
俺も、そう思う!
あなた

やった!できた!初お便り解決!これで、もえぽんさんは納得出来たましたか?出来てなくても少しでも参考にしていただけたらな。とおもいます!

亜嵐
では、お時間となりました。
どうだった?
あなた

たのしかった!

亜嵐
えー、NoMessage、NoGENEtalk。今回のお相手は、白濱亜嵐と
あなた

鈴花紗季と

小森隼でした!
あなた

次回もよろしくお願いします!

ジェネトーク終了は終了した