無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

飲み会
お店にみんな着いたところからです
紗季
なんかさ、涼太くんも言ってたけどメンツ凄いね笑
涼太
さっきも言ってた笑笑
紗季
あ、そうだっけ?
亜嵐
出た!たまに出る紗季の天然笑
龍友
そうやね笑
紗季
みんなして笑わんといて!
裕太
これもたまに出るよな。関西弁
紗季
それも言わんといてや!
壱馬
なんか、紗季の関西弁聞くと親近感湧いてきます笑笑
紗季
壱馬もそんなこと言わんの!
玲於
そういや、なんで壱馬は紗季のこと呼び捨てなの?
紗季
え、私が頼んだから
北人
じゃあ、俺もいい?!
紗季
いや、北人はそのままの方がいい笑
龍友
なんやそれ笑笑
ピコン
紗季
あ、私!晴ちゃんから!今から来るって!
紗季
お店分かるかな?
プルルルル
紗季
うわお
紗季
はいはいー?
晴美
紗季さーん!
紗季
お店の場所わかんない?
晴美
なんで、分かったんですか!?
紗季
そういや、言ってなかったなーって思って笑
紗季
今どこいる?
晴美
えっと、〇〇です。
紗季
近いし、晴ちゃんたちのこと迎えに行くよ!
晴美
いやでも·····
紗季
晴ちゃんたちが道に迷って来れなくなったら嫌だから、いくの!
亜嵐
晴美ちゃん、多分素直に聞いた方がいいと思う。
晴美
亜嵐さん!なんでですか?
亜嵐
いや、1回決めたらそんなに意見曲げない人だから
晴美
じゃあ笑
紗季
晴ちゃん!!じゃあって言わないで!
晴美
あは!笑すいません笑
紗季
じゃあ、今から行くねー!
プチ
紗季
じゃあ、行ってくるね
龍友
1人じゃあれやから、誰か2人ぐらい一緒に言ったらどうや?
亜嵐
だね。
紗季
じゃあ、裕太くんと壱馬!
玲於
選んだ理由は!
紗季
いや、赤髪だと誰もこなさそうだし、壱馬は何となく?笑笑
壱馬
え、なんか悲しい·····
紗季
ってか、早く行かな!
壱馬
そうやった!
紗季
ってか、関西勢揃いや笑笑
裕太
んなことどうだってええんやろ?!
紗季
そうでしたー!!