無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

それは·····
紗季
それはー、友達として?
壱馬
まぁ、だよね。
紗季
ねぇねぇ、買い物。行こうよ
涼太
あ、忘れてた。
紗季
え、じゃあバイバイ
涼太
うそうそ!忘れてません!
紗季
なんか、今日めっちゃ嘘つくね笑笑
壱馬
さ、いこ!
涼太
何買いに行くの?
紗季
壱馬とお揃いのなんかとメンバーにお土産。
涼太
俺は?!
紗季
特に、なし?
涼太
やっぱり、俺だけ扱いひどいよ·····
紗季
嘘嘘、なんか買おうね?
涼太
よっしゃ、行くぞー!
紗季
ねぇ、そっちじゃなくてこっち。
壱馬
笑笑涼太さんもおっちょこちょいな時ってあるんですね。
紗季
うん、他にも沢山!
涼太
そんなことは、ないと思う。
紗季
んー。あると思うな笑
壱馬
あ、着いたで。
紗季
ほんとだ!
壱馬
どこから行く?
紗季
んー、H&M
壱馬
俺らの?
紗季
そうそう。
紗季
双子コーデやからな?忘れんといてな?
壱馬
大丈夫やから。
涼太
俺は、どうすれば、·····
紗季
一緒に買いたいもの選んどいてくれる?
涼太
おう!
紗季
てんきゅーね
壱馬
行くか?
紗季
うん!
壱馬
なぁなぁ、紗季って気になってる人とか、好きな人とか居ないの?
紗季
まぁ、いるっちゃいる。
壱馬
誰々?
紗季
教えるわけ笑笑
壱馬
そうだよな·····なんか、相談したいことあったら言ってな?
紗季
うん、ありがと!
壱馬
あ、これどうや?
紗季
かわい!
紗季
でさ、これにさチェックのシャツを腰に巻いたら?
壱馬
かっけー!
紗季
よし!決まり!これ買お!
壱馬
貸して?
紗季
ん?はい。
壱馬
えっと、じゃあこれお願いします。
紗季
え、悪いよ!
壱馬
男だし、これぐらいはさせてや。
紗季
でも·····
壱馬
ええの、今日は甘えてや。
紗季
じゃあ、お言葉に甘えて·····
店員「かっこいい、彼氏さんですね!」
紗季
いや、彼氏じゃないですし。でも、カッコイイのは事実です!私の自慢です笑笑
壱馬
ちょ、笑
店員「では、こちらお品物になります。またのご来店お待ちしております!」
「あと、紗季ちゃんと壱馬くんですか?」
紗季
そうですよ!
壱馬
はい。
紗季
ファンの方ですか?
店員「はい!」
紗季
おぉー!こんな可愛い子がファンなんて·····嬉しい!ありがと!
店員「いやいや、紗季さんに比べたらってか、比べちゃダメですし。それで、よかったらサインとか頂けないですか?」
紗季
はい!いいですよ!喜んで。
店員「じゃあ、ここにお願いできますか?」
紗季
はい!ほら、壱馬も
壱馬
あ、はいはい。ここでいいですか?
店員「はい!ありがとうございます!」
壱馬
はい。
紗季
えっと、お名前は?
店員「○○です。」
紗季
○○ちゃんへっと!かけました!じゃあ、これからも応援よろしくお願いします!
店員「ありがとうございました!」
壱馬
紗季ってほんとに神対応やな。
紗季
そー?せっかく応援してもらってるんだもん。NoファンさんNo自分って感じだから。あれぐらいなら、してあげたいなって。
壱馬
そうなんや。
紗季
涼太くん、探そ。
壱馬
それなら、そこにいるよ?
紗季
ほんとだ!
紗季
涼太くん!
涼太
あ、紗季!決まったよ!
紗季
じゃあ、行こ。
紗季
壱馬も来る?
壱馬
行く。
紗季
おぉー!
涼太
あ、これ。
紗季
わぁ!可愛い!涼太くん、センス良き!
涼太
ありがと!
紗季
じゃあ、行こ。
涼太
いいよ。俺が買ってくる。
紗季
いいの?いや、ダメだよ。
涼太
これは、俺からのプレゼントとして受け取って?
紗季
わかった。ありがと!
5分後
涼太
はい、プレゼント!
紗季
ラッピングも可愛い!ありがと!涼太くん。
壱馬
じゃあ、夜ご飯の食材買って帰る?
紗季
そうだね。何食べたい?
壱馬
紗季の作るものならなんでも。
涼太
おれも。
紗季
じゃあ、ハンバーグでいい?
涼太
いいよー!
壱馬
おれも。
紗季
じゃ、買うか。