無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

それはどういう?
紗季
ねね、お昼食べてくでしょ?涼太くんは別として
涼太
なんで、俺は別なの?!
紗季
いや、壱馬と違ってどちらかと言うと侵入者だし
壱馬
俺と違うんや笑笑
紗季
うん。壱馬は元々来る予定だったでしょ?だから、二人分は用意してあるんだけど
涼太
俺のはないと
紗季
そーそー。でも、今から買い物行くからそこでみんなで食べる?夜ご飯一緒に食べれば時間変わっただけで変わんないやろ?
壱馬
せやな。それでいいですか?
涼太
壱馬と、紗季がいいなら。
紗季
んじゃ、行こ!変装はしてね?!当たり前だけど·····一応2人共かっこよくて売れてるんだから
壱馬
それ、ほんま!?
紗季
なんで、嘘つくの笑笑
涼太
まぁ、俺らにカッコイイとか言ってる割に、君も可愛いんだから、ちゃんと変装してね?なんなら、俺らより人気かもだから
紗季
へーい
壱馬
せや、紗季。どうせ買い物行くならお揃いのなんか買わん?
紗季
お!いいよ!
紗季
服でも買うか!
涼太
俺は?!
紗季
涼太くんはグループが既に一緒だし、なんならいつでも一緒にどっか行けんじゃん。でも、壱馬はそういう訳には行かないでしょ?グループが違えばする仕事も時間帯も休む日も違うんだから。
涼太
そうだけど·····
紗季
そんなわがまま言うなら、涼太くん嫌いになるよ?
涼太
え、それは、ダメですね。じゃあ、今度ご飯いこ?
紗季
しょうがない。言ってあげる。でも、奢ってね?
涼太
え、それは·····
紗季
もう、きr
涼太
嘘です、嘘です!払います!
紗季
よろしい。じゃあ、壱馬行こ!
壱馬
涼太さんの扱い方が笑雑やろ
紗季
いいの。涼太くんはあのぐらいがちょうどいい。今日はメンさんぐらいの扱いで行くって決めた。
涼太
それは、やだよー、
紗季
普通のいつも通りの涼太くんだったら、好きだったのになぁ
涼太
ほんと?!
紗季
ほんと!
涼太
じゃあ、いつも通りになります!
紗季
ふふっ、涼太くん好きよ?
壱馬
俺は?
紗季
好きだけど、どして?
涼太
それはどういう?