無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

初対面
ピーンポーン
紗季
はーい!
涼太
大輔くん?
紗季
そーよ?
大輔
おっ邪魔しまーす
紗季
邪魔するなら帰れや笑笑
大輔
しないから笑
壱馬
君が、大輔くん?
大輔
そ、そうです。
紗季
そんな、緊張せんでも笑
それに、みんな大阪出身やで?親近感湧かへん?
大輔
紗季はいつも一緒に居るからそんなんでおれるんやろ?笑
紗季
壱馬はいつも一緒じゃないで?
壱馬
せやな。
紗季
グループちゃうもん。勘違いは良くありません笑
涼太
そんな所で話してないで、入りな?
紗季
涼太くん、君は勝手に入ってきたくせに何を言ってるの笑
涼太
笑ってんじゃん笑
大輔
涼太くんをそんなんで扱うなや!
紗季
はいはい。
紗季
とりま、入りな?
大輔
ほーい。
紗季
ねね、洋服さ大輔の使ってもらうけどいいよね?
大輔
いいよってか、いいんですか?
壱馬
逆にこっちがいいのか聞きたい。笑
紗季
いいよ、涼太くん遠慮しないで笑
紗季
いちお、歳上だし。
壱馬
ってことは、俺より歳上?
紗季
そうだけど、いいよ。ためで。
あと、気づくの遅っ笑
壱馬
うるっさい笑
紗季
あははっ!
大輔
ねぇ、どこで寝ればいい?
紗季
しらん。
壱馬
俺の隣でいいなら、来る?
大輔
いやいや、それは!
紗季
壱馬、こいつ壱馬の大ファンだからそんなことしたら次の日大変なことになる。
壱馬
あ、そうなん?じゃあ、尚更。仲良くしようよ!笑
紗季
怪しい人みたい笑笑
涼太
壱馬があれだったら俺でもいいよ?笑
紗季
立場が香音みたいや笑
壱馬
プリレジェ?笑
紗季
そうそう。笑
大輔
(・д・。)
紗季
で?どうするん?
大輔
え、ソファーで·····
紗季
別にいいけど、次の日腰痛やばいから辞めた方がいい。
涼太
あぁ。あれ?笑
紗季
そう、あれね、死ぬかと思ったもん笑
もう決まんないなら、2人の間にしろ。強制な。
大輔
いや。え?待ってよー。
紗季
嫌や。そんなうじうじしてたら、誰も寝れへんわ
紗季
じゃあ、お風呂順番に入ってきて?
壱馬
じゃあ、涼太さんから。
涼太
いやいや。大輔くんから。
大輔
いえいえ。壱馬さんで·····
紗季
はよ、決めろ!😠
涼太
じゃあ、レディファーストで。紗季からどうぞ?
紗季
いや、普通お客さんからやろ。てことで、壱馬さんどうぞー!笑
壱馬
それはダメなんで、先輩から。
紗季
じゃあ、涼太くんね。
涼太
大輔くんは?
紗季
だめ。涼太くん早く入ってきて?じゃなきゃメンバーに言うぞ。勝手に来たって。
多分その日こき使われるだろうなー…
涼太
いや、それはやだ。
紗季
じゃあ、行ってらっしゃい?
涼太
はい😒