無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

お迎え
紗季
変装してへんけど、ええかな
裕太
してへんな。
紗季
いや、裕太くんはしてもしなくても、髪の色でバレちゃうから心配すんな。
裕太
へい。
裕太
2人もしなくてもいいやない?見事に2人共全身真っ黒やし
紗季
でも、車から、見づらいやん?やから、ひかれそうになったら、守ってな?
壱馬
え、嫌や。
紗季
それはー、酷いよー
壱馬
うそうそ笑守ってやるから、心配せんといてな?((頭ポンポン
紗季
ふふっ!ありがと!
裕太
俺も、守ってやるから心配すんなや。
紗季
ありがとー!!
晴美
紗季さーん!
紗季
晴ちゃーん!!
伶菜
紗季さん、こんばんは
紗季
れいちゃんも久しぶり!
さぁーちゃん
紗季さーん!
紗季
さぁーちゃん!!
紗季
みんな、相変わらず可愛い!
晴美
それなら、
伶菜
紗季さんの方が
さぁーちゃん
可愛いですよ!
紗季
見事な連携プレイで笑笑そんなことない!
裕太
そんなこと喋ってないで、はよ、行かな。バレてまうで?
紗季
そうだった!
壱馬
忘れとったんかい!
紗季
あはは笑笑
伶菜
行きますか。
お店に着く
紗季
ただいまー!
亜嵐
おかえりー!
紗季
何話してたの?
涼太
特に何もー?
紗季
そかそか。じゃあ、可愛い可愛い、晴ちゃん、さぁーちゃん、れいちゃんの登場です!
龍友
紹介の仕方が笑笑
伶菜
皆さんこんばんは!
さぁーちゃん
ってか、私達居ちゃって大丈夫なんですか?
紗季
いいの、いいの。
気にしないで、飲んでってねー!
晴美
ありがとうございます!
紗季
来たばっかりだけど、ちょっと御手洗行ってくる
玲於
りょうかい
晴美
早速ですけど、誰が紗季さんのこと好きなんですか?
なんで、分かるの!
晴美
女の勘です。あとは、見た目?
伶菜
わかりやすいですもん、皆さん。
さぁーちゃん
でも、紗季さんちょっと、鈍感だから、わかるの遅いですからね。落とすのは大変かと·····
涼太
よく分かってらっしゃる。
晴美
んで、誰が好きなんですか?