無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

紗季
ただいまー!
壱馬
おかえりー
紗季
ノリええな笑
涼太
紗季、なんかやる事ある?
紗季
何に関して?
壱馬
夜ご飯やろ
涼太
そうそう。
涼太
何を、後輩に言わせとんのや
紗季
いや、分からんもんはしゃーないやろ?
壱馬
まぁまぁ。
涼太
で、なにかすることある?
紗季
壱馬とより仲良くなる
壱馬
っと言うと?
紗季
え?特に何もしなくていいってこと
涼太
なにか、手伝って欲しいこととかあったら言って?
紗季
あ!して欲しいことあった!
壱馬
何すればいい?
紗季
え、布団用意して?
涼太
なんで?
紗季
え、泊まるんじゃないの?
壱馬
ええの?ええなら、お言葉に甘えて·····
紗季
いいから、言ってのやろ?笑
壱馬
でも、どこにあるん?
壱馬
あと、服どないするねん
紗季
え、大輔のあるし
涼太
誰それ!
紗季
誰って。双子
壱馬
双子いたん?!
紗季
うん、いた。っていうかなんで過去形なの笑普通におるで?
紗季
今は実家にいるけど。
涼太
そうなんだ。
壱馬
今度会ってみたい!
紗季
そしたら、死にそうになると思う。大ファンだから。
涼太
そうなの?!
紗季
そうだよ。だから、うちが入るってなった時、1番初めに大輔に電話したもん。そしたら、自分の事のように喜んどってちょっと面白かった笑笑
紗季
今度会う?
壱馬
ええの?!
紗季
うん、なんかのライブ公演とかで呼ぼっか?
涼太
会いたい!
紗季
じゃあ、今度来る時聞いてみるよ。
紗季
ってか、夜ご飯作んなきゃ!