無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

勉強会
〜日曜日〜
のんの家で勉強教えてもらう
行ってらっしゃい
玄関を出て









ドンッ!
すみません!
女子2
ねぇ
あっ…
女子1
私達が小瀧くん家に行かせると思う?
えっ?
女子2
幼馴染だからって調子乗ってんの?
ちがっ
バシッ!
った……
女子2
ざまぁwww
女子1
小瀧くんに会えないね. そんな顔でw


































〜その頃〜
小瀧望
あなたおせぇな……
その時…今日の日のことを言ってきた女子がいた
小瀧望
あっ!
あなたが殴られた
小瀧望
!!













































〜望が下に降りて〜
小瀧望
おい!
女子1
‼︎小瀧くん…
小瀧望
どういう事だよ!
女子2
これは違うの!あなたちゃんが…
っ!
小瀧望
あなたはそんな事しねぇ!テメェらこれ以上あなたにも俺にも近づくな!









2人は去っていった
小瀧望
あなた、立てるか?
うん. のんゴメンね
小瀧望
とりあえず家上がれ
ありがと.
























































〜望の部屋にて〜
小瀧望
大丈夫か?
うん!もう大丈夫!
小瀧望
なら良かった. ゴメンな?俺がもっと気づいていたら…
のんは悪くないよ!私の不注意で…
小瀧望
これからはアイツらと関わるな
うん!
小瀧望
少し休んでから始めよう
そうだね!





















































〜休憩が終わり〜
小瀧望
始めるか?
うん!小瀧先生!
小瀧望
ww
のんの笑った顔、久しぶりに見た気がする(^-^ )
小瀧望
//べっ別に…ほらっはやくするぞ!
wwはーい!





























〜勉強すること1時間半〜
→適当ですみませんm(_ _)m by作者
のん!ありがと!結構わかったよ!
小瀧望
お前ちゃんと勉強したら頭良くなると思うけどな?
そう?のんの教え方が良かったからできたんだよ!
小瀧望
なぁ……
ん?
小瀧望
やっぱいいや!
わかった. そうだ!次英語教えて!
小瀧望
おう.  (やっぱり言えねぇ…)