無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Track.0
2,210
2020/12/06 05:26
第三次世界大戦の末西暦は終わり、時代はH歴3年。

ディビジョンラップバトルが開幕し、それぞれに代表チームが配属されている。

そんな、ディビジョンの一角、シブヤでは黄色い歓声が街中に響いていた。
女性
見て!Fling Posseだわ!
女性
え、真ん中に居るのは元The Dirty Dawgの乱数くんじゃない?
甘宮あなた
乱数くーん!
幻太郎さーん!
帝統くーん!
一際高い……というか、騒がしいのは私、甘宮あなただという事は何となく自重済みだ。

3人はと言えば相変わらずの様子で、
飴村乱数
飴村乱数
あ、ヤッホ〜、オネーさん達☆
夢野幻太郎
夢野幻太郎
麿はこんなに囲まれるのは
好まぬでおじゃるよ?
有栖川帝統
有栖川帝統
そんな事言いながら意外と
満更でもねーんじゃねぇか?
なんて、尊い会話しながら歩いてる。

ラップバトル以外で、シブヤの街で3人に会う、という事はとても自分にとって幸運な事だ。

少しでもいいからお話してみたい。
甘宮あなた
(けど、現実は甘くないよなぁ……)
多分、この世界がゲームとかだったら、私はきっと観客Aポジション。

お近付きになるのも許されない立ち位置。
女性
遭遇できてラッキーだったね!
女性
分かる!
まさか会えるとか思って無かったよ!
気付いたら、Fling Posseが移動してた。

まあ、所詮こんなものか……なんて思いながら、私は用事でこれから行こうとしているイケブクロディビジョンへ足を運ぶ。

ーNEXTー















作者
作者
今回はヒプマイから、
Fling Posseの小説です😊
作者
作者
前までユニークなものばかりだったので今回メジャーチックになってます🙌🏻
作者
作者
この機に始めてみてくださいね😝
では次もよろしくお願いします❕