無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

943
2020/06/13

第23話

22
神山side











ある日、家にいると、ピコンッとスマホが鳴った。











見てみると、流星のために作った、流星以外6人のメンバーが入ってるグループメールからやった。
小瀧望
小瀧望
メール)最近、流星細くなってる気しない?












のんちゃんからのメールやった。












確かに、よく考えてみれば日に日に細くなっている気がする。
濵田崇裕
濵田崇裕
メール)俺も、最近そう思うねん。













さすが、のんちゃんと濵ちゃん。
流星のことよく見てるな。
中間淳太
中間淳太
メール)もしかして、自分のこと責めてるんかな。
神山智洋
神山智洋
メール)俺らがサポートしてるけど、限界なのかもしれんな、
重岡大毅
重岡大毅
メール)この前流星と焼肉食べに行ったんやけど、食べる量も結構少なかったで。
どうしたん?って聞いたら朝ごはんいっぱい食べたからって言ってた。
濵田崇裕
濵田崇裕
メール)でも、自分のこと責めたりして食も細くなったりするん?
桐山照史
桐山照史
メール)確かにな、
小瀧望
小瀧望
メール)あるで。
実際に俺もそうやったから。














えっ?












のんちゃんそうやったん?
中間淳太
中間淳太
メール)のんちゃん昔なんかあったん?
話したくなかったら言わんくてええよ。
小瀧望
小瀧望
メール)じゃあ、言うな?
小瀧望
小瀧望
メール)俺、小学生の頃にすごい仲良くしてた親友がいたの。でも、その子は体が弱かった。小さい頃から入退院を繰り返してた。
ある日、その親友と遊んでたら親友が何か言いかけたんよ。でも、俺が話をちゃんと聞かなかった。
その後、親友は倒れてそのまま亡くなった。もしかしたら苦しいとか言おうとしてたんかなって思ったし、もしそうやったら俺がなんかしてあげてたらその親友は助かったんやないかなってずっと自分を責めてた。
その時はご飯も飲み込めなかったし、何もかもが絶望だった。

なんか悲しい話になってごめんな。











のんちゃんそんな悲しみ乗り越えてきたんや。
神山智洋
神山智洋
メール)そっか、のんちゃんも大変やったな。
小瀧望
小瀧望
メール)うん。だから流星ももしかしたらご飯食べれないのかもしれへん。













流星のこと心配やったけど、ますます心配になってきたわ。