無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

851
2020/07/24

第24話

23
小瀧side
小瀧望
小瀧望
メール)俺から流星に色々聞いてみよか?
重岡大毅
重岡大毅
メール)うん。せやな。じゃあ小瀧よろしく。










流星自分のこと責めすぎてないかな。











リスカとか、してへんよな?









そんな不安を抱きつつ、俺は流星にメールをした。
小瀧望
小瀧望
メール)流星、ちょっと話があるんやけどええか?









まずはこの一言だけ送っておいた。












1時間たっても既読がつかなかった。










流星今日はオフなはずやから、出かけてない限り家にいると思うんやけどな。










それから俺はずっと待ってたらいつの間にか深夜で日が変わろうとしていた。











さすがに気付かないから、もう1回送ってみる。
小瀧望
小瀧望
メール)おーい。気付いてへんの?










結局その日は、流星が既読することは無かった。











〜次の日〜






朝になっても既読がつかない。
 






今日は、しげと流星がラジオやったはずやから、しげに聞いてもらうか。
小瀧望
小瀧望
メール)流星がメールしても気付かへんから今日ラジオの時色々聞いてきてくれへん?
重岡大毅
重岡大毅
メール)おっけー。













俺が仕事から帰ってきてスマホを見ると、








1件の不在着信があった。











作者
1ヶ月以上更新せずに本当に申し訳ないです。