無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

933
2020/05/13

第19話

18
桐山side











さっき、たまたま歩いてたらしげと流星に会った。











本当は、俺もしげみたいに仲直りしたいんやけど、流星を守るために前のままでいた。














でも、俺らがこういうことしてるのって、もとは俺のせいなんやと思う。













最初から流星の言うこと信じてれば、流星は俺らのことを信用して、ほんとのことを話してくれてたかもしれない。












それに、俺は流星を何度も傷つけた。
目に見えない、深い傷。












流星のその傷は一生消えないと思う。
俺は、そんな傷を流星に負わせてしまった。











せや、さっきしげにメールするって言ったから、メールせんと。
桐山照史
桐山照史
メール)今日なんか進展あった?
流星の様子とかどんな感じやった?












しばらくすると、携帯の音が鳴って、見るとしげからやった。
重岡大毅
重岡大毅
メール)元気な感じやったけど、たまに顔が暗かったり、なんか寂しそうやった。
照史とあったあとも、俺のせいで二人の関係が悪くなったとか言ってたで。
桐山照史
桐山照史
メール)そっか。俺、このままやと流星の精神的ダメージが大きくなるんちゃう?
重岡大毅
重岡大毅
メール)それはホンマに流星に悪いけど、そうしないとまたアイツらが流星に何するか分からへん。
なんか起きてからじゃあかんねん。
流星のことなら俺とかが話聞いて元気付けたりするから安心しとき。
今は流星の安全を第1に考えるんや。
桐山照史
桐山照史
メール)しげの言う通りやな。
ホンマになんか起こってからじゃあかんな。
俺も、なるべく流星にそんなやりすぎたことはしないようにする。
しげよろしくな。
重岡大毅
重岡大毅
メール)おう。


━━━━━━━━━━━━━━━
女スタッフB
重岡のやつ何やってくれてんの?
重岡大毅
重岡大毅
は?何言ってんすか?
女スタッフA
あんたメンバーにバラしただろ。
重岡大毅
重岡大毅
別にいいじゃないですか。
女スタッフB
あんた頭おかしいんじゃない?
女スタッフA
あんた何よその態度。
重岡大毅
重岡大毅
...........
女スタッフA
何って聞いてんだろ!!
重岡大毅
重岡大毅
...........
女スタッフB
もういいわ。来なさい。













しげとスタッフのこのやり取りを見て、俺はしげを助けることができなく呆然と立ち尽くしていた。
??
こいつを殺して欲しくなかったら、そこの女の言うことちゃんと聞けや!
重岡大毅
重岡大毅
流星!!!
藤井流星
藤井流星
しげ...........












流星が見知らぬ男にナイフで脅されてる。
女スタッフB
大事な仲間が死んで欲しくなかったら、言うこと聞きなさいよ。早く!
??
あ、じゃあ、重岡ってやつのこと藤井殺す前に殴り殺して、その後に藤井も殺そうぜ。
女スタッフA
それいいわね。‪w
重岡大毅
重岡大毅
っ!!












しげが、思いっきり殴られてる。
重岡大毅
重岡大毅
ゴホッゴホッ











吐血?
重岡大毅
重岡大毅
っ!!ハァハァ   俺のことはハァハァ殺してもいいけどハァハァハァ流星は殺したらあかんハァハァ
??
うっせんだよ!!











何度殴ってもしげは立ち上がってる。
藤井流星
藤井流星
しげ!もういいよ!!











流星は泣きながらそう言ってる。












俺は、どうすればええんや?
 










何も出来てない。
 








ただ、みんなに気付かれないように見てるだけやんか。
??
もう、殴りだけじゃ無理やから、刺すわ。
 











刺すな!!しげのこと刺したらあかん!!!!












俺の足、動けや!!








動け!動け!










グサッ
          ━━━━━━━━━━━━━━━
桐山照史
桐山照史
しげ!!!!!!!!











気付くと部屋が明るくなってた。
桐山照史
桐山照史
夢か。












俺、寝てたんや。