無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話
あなた
あの…黒川先輩、いまなんて…
黒川翔
え、特進クラスってゆうたが
あなた
………
篠崎悠鬼
おいあなた大丈夫か?
あなた
先輩今からクラス変えることって出来たりしまs
黒川翔
勿論出来へんで(^^)


………ア、ヤッパリムリカ
篠崎悠鬼
あの黒川先輩、去年まで特進クラス?ってゆうやつありませんでしたよね、今年から出来たんですか?
黒川翔
ん?あぁ、そうやで。
会長がな……



(生徒会の集まり
国寺聖
ねぇねぇみんな
黒川翔
ん、なんや会長?
⁇⁇
どうした?
⁇⁇
どうしました?
国寺聖
僕思ったんだけどさ、ここの学園って実力差が激しくない?
黒川翔
確かにそうやな
⁇⁇
ここに入る生徒は全員実力者揃いだけどその中でも上位の俺たちみたいな奴とは差が凄いな
⁇⁇
…それで、会長はいったいどうしたいんです?
国寺聖
でさ、思ったんだけどひとつだけ学年関係なく学園内でも凄い人達集めればいいんじゃんって
⁇⁇
なるほど、つまり実力者を集め力を同等にしつつ、他の生徒達が才能の差にマイナス思考を生まないようにするってことですか…
国寺聖
そうゆうこと
⁇⁇
実力者揃いのクラス……
いわゆる「特進クラス」だな
黒川翔
いいんちゃうか?
俺らも他の奴らと差がありすぎて少し退屈しとったところやし
国寺聖
じゃあ、ーーーーは理事長にこの件を話してきてくれる?
⁇⁇
…分かりました。
では今から少し行ってきますね
黒川翔
頼んだでーーーー。
⁇⁇
よろしくなー




(現在に戻る
黒川翔
で、理事長がこの件を了承したから今年から実施することになったんや
あなた
…悠鬼君は分かりますがなんで僕がそこのクラスに入ることになるんです?
あなた
僕試験でも特別凄かったわけじゃないんですけど
黒川翔
お前会長の従兄弟のあなたやろ?
あなた
!なんでそれを…
黒川翔
会長からお前のことは聞いとったからな
お前は会長からの推薦や
あいつのせいかよ……
まぁそうだとは思ってたけど( ̄ー ̄ )
篠崎悠鬼
他には何人ぐらいいるんですか?
黒川翔
…確か1年にお前らの他に5人。
2年に7人、3年に6人おったと思うで
あなた
生徒数少なくありません?
黒川翔
まぁこの学園でも飛び抜けてる奴が来るからな、そう何人もいないんや
黒川翔
おっと、そろそろ時間や
お前ら場所わからんやろ。一緒に行くで
それもそうですね…悠鬼君みたいな人達が何十人もいたらそれこそカオスな状況になりますし
2人
ありがとうございます。黒川先輩
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー