無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
ふぅ、やっと離れられました。あ、そういえば
あなた
すみません、悠鬼君いきなり連れ出して。
ちょっと絡まれてたものですから(´・_・`)
篠崎悠鬼
あ、いや//全然大丈夫だ
篠崎悠鬼
それよりあなたが会長の親戚とはな
あなた
……あんまり人に言わないでくださいね悠鬼君。
篠崎悠鬼
分かってるって。
早く組み分けみに行こうぜ
(組み分け表前
さて僕は何組でしょうか。出来れば悠鬼君と同じクラスがいいですがね。………ん?



あれ?




僕の名前どこのクラスにも無いんですけど…
あなた
…悠鬼君僕の名前どこにあるか分かりますか?
篠崎悠鬼
すまん、分からん。
……ん?
あなた
どうしましたか?
篠崎悠鬼
……俺のも無いんだが
あなた
は?
え、なんで無いんですか悠鬼君も。
学園側の入力ミスですかね。
あなた
どうしましょうか
⁇⁇
そこにおる1年。
そんな暗い顔していったいどうしたん?
篠崎悠鬼
えっと、あなた誰?
⁇⁇
ん?俺?俺は…
黒川翔
黒川翔や。三年で副会長してるで。
篠崎悠鬼
先輩⁉︎し、失礼しました…
黒川翔
あ、気にせんでええよ(^-^)
それよりなんか困っとったようやけど
生徒会……
なんか面倒くさくなりそうですね。僕はサッサと退散しましょう。ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
黒川翔
ん?ガシッ←肩掴んでる
どこ行くんやお前。
え……僕に気付いてる⁈…流石この学園の生徒会ですね。どこか逃げたかったですが…仕方ありません。
あなた
いえ、ちょっとあっちの方に名前探しに行こうかと思って
黒川翔
へーそうなんか。
…ん?名前がない?
黒川翔
本当にどこにものっとらんのか?
あなた
はい。結構探してるんですが…
黒川翔
じゃあお前らもあのクラスやな
あのクラス?いったいなんのことでしょう?
なんか凄い嫌な予感がするんですけど
篠崎悠鬼
あのクラスってなんですか先輩
黒川翔
なんのクラスかって勿論特進クラスのことや
はい?特進クラス?なんですかそれ
あなた
あの、先輩特進クラスとは?
黒川翔
あぁそうか1年まだ知らへんのやったな。
黒川翔
特進クラスっちゅーのはこの学園でも特に何かが優れている生徒が学年関係なく集められてるとこやで。


………は?
             
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー