無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🐰










()











何コールか待ったけど出る様子が全く無い











きっと忙しいんだな











ふと周りを見渡すと全然知らないところに来ていた










 ア ナ タ
ア ナ タ
(もういいや…)











公園のベンチに座り折り返しの電話を待つことにした











つもりだったのに、










?
あれ、ぬな?
 ア ナ タ
ア ナ タ
………




















()
 ア ナ タ
ア ナ タ
テヒョン君…
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
ぬな、なんか悲しいことあったでしょ











こういう時だけ勘が鋭くなるの…?










 ア ナ タ
ア ナ タ
まぁ、ね
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
…やっぱりㅋ
 ア ナ タ
ア ナ タ
?










()
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
僕見ちゃったんだ~!











また嫌な予感、











嫌な事って続く時は本当に続くよね。










 ア ナ タ
ア ナ タ
嬉しそうだね?なにを、?
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
ぬなの彼氏が女の人と歩いてるとこ!^^
 ア ナ タ
ア ナ タ
はぁ、、、











サナが?そんなことあるわけないㅋ











だって、数年前から好きだったって言ってくれて











それに今回の件だって協力してくれた。










 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
ふふっㅋ










()
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
嘘だって思ってるでしょ?
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
これ見てもそう思えるかな?ㅋ











そう言いながら見せてきたのは











サナが女の子とキスしてる写真










 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
あっ、間違えたㅋ
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
動画もあるんだ~!ㅋ











っ、キス…じゃないじゃん、、、











物凄く深いキス、










 ア ナ タ
ア ナ タ
道端で何やってんのよ、っ、、











こんな年下の子の前で泣くなんて恥ずかしい

でも、一度溢れた涙は止まらなかった






























→