無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🐰











ぼーっとしてる間にもう

7:00前

そろそろ夕飯…、










お 母 さ ん
 あなた!ジョングク呼んできて ! 











そう、部屋に篭ってよくゲームをしてるジョングクを

呼びに行くのはいつもの私の役目





















だから、気不味くても行かないと…

不自然に思われたら嫌だし、、










 ア ナ タ
ア ナ タ
 わかった、呼んでくるね 











重い、凄く重い足取りでジョングクを呼びに行く





















部屋の扉が少し開いていて

その間から覗いてみた










 ア ナ タ
ア ナ タ
 ……… 




















()
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 (きもち、っ…) 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 (はっ) 











っ、、、

そうだ、私の勘違いかもしれないもんね?!

うん、きっとそう、、、





















ジョングクは“ 可愛い ”んだから

好きな子のこと思って必死に手動かしてるんだよね?





















こっそりと部屋に入って脅かしてやろう

きっと、大丈夫






















根拠はないけど、そう思うことにした 





















一歩また一歩と忍び足で近付くけど

ある所で床の軋む音が鳴る










 ア ナ タ
ア ナ タ
 !!! 











でも、ジョングクは夢中で気づいていない























動画でも見てんのかな…と思ったけど





















手元には、私の写真










 ア ナ タ
ア ナ タ
 ……… 











………

目を凝らすと私がお風呂に入ってる時のシルエットだって分かった










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 っは…あ……っ…/ 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 ぬ、な…ッ…/ 











ぬ、な???

女の人の身体、、年上が好きなんだ…

そうだよ、ね…




















次の瞬間

そんな考えは頭から消えてしまった










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 くる、っ…ん…ッ  










()










()
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 あなた、あなたっ…ッく… 





















頭の中は悲しみと怒りが複雑に入り混じった






























→