無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

🐰











足音をドタドタとならしてリビングへと向かった





















私を見たお母さんは凄く驚いていた





















そりゃそうか…

普段、冷静沈着だから何事?!”って思うよね





















けどそんな母のそんな表情にお構いなしに突きつけた










 ア ナ タ
ア ナ タ
 …私とジョングクは姉弟じゃないの? 











半分は冗談のつもりだった





















信じてなかったのに





















母は私を哀れな目で見るから…

私なんだ”そう悟った










 ア ナ タ
ア ナ タ
 っ、、、 











喉がふさがるような切ないいじらしさ










 ア ナ タ
ア ナ タ
 なら、私、誰の子?… 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 養子? 
お 母 さ ん
 …明日話すわ 











頑なに言いたくなさそうな母

…そんなに教えたくない理由は?










 ア ナ タ
ア ナ タ
 、絶対だから 











私は自分の部屋へ足を…





















ん?





















頭にある一人の男の子の顔が浮かんだ






















もしかして、、、





















いやいや、考えすぎだよね、

今は敏感になりすぎてる





















明日確かめればいいんだから










 ア ナ タ
ア ナ タ
 (大丈夫…、) 




















→