無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🐰










()
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
幼稚園生の時までは 
貴方と一緒に住んでたし仲良かったです 










()
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
でも、僕が一方的に好きになって
その気持ちが母や周りの人にバレました
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
僕とジョングガの親同士が友人だったから
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
貴方を引き取るように頼んだらしいです…
 ア ナ タ
ア ナ タ
………っ、そんな











お母さんは本当の私のお母さんじゃなかったんだ…











でも、他人を受け入れてくれるくらい優しい人なんだね、











私凄く複雑な心境だよ。










 ジ ミ ン
ジ ミ ン
ごめんなさいっ!
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
この気持ちは今も、捨てられないんです
 ア ナ タ
ア ナ タ
ごめん、今日はもう帰る、
 ア ナ タ
ア ナ タ
また話そう…ジミン君











すぐに背を向けて家へと向かう










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
…ぬな、大丈夫?











ぬな…なんて、もう、、、










 ア ナ タ
ア ナ タ
いいよ、、、
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
え?
 ア ナ タ
ア ナ タ
ぬななんて呼ばなくていい











もともと無縁なんだからっ、ㅋ










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
っ、やだよ!
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
ぬなぁ…(泣)
 ア ナ タ
ア ナ タ
ごめん、母さんに伝えといて
 ア ナ タ
ア ナ タ
しばらく帰れない











合わせる顔がないの、











サナのとこにでも行こうかな…?










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
行かないでっ…!











泣いてるジョングクを無視して











優柔不断に歩きながらサナへ電話をかけた






























→