無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🐰










()
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 ヨボセヨ~♡
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 ………











え、、、










 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 サナ………?
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 あなたから
  電話なんて珍しいじゃん!!!
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 気付いた時嬉しくて
  飛び跳ねたんだよ僕っ!











こういう時はちゃんと聞くべきだよね










 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 単刀直入に聞くね
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 え~、なに!ㅋ










()
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 サナ、浮気してるでしょ?
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 ………っ











ほんと、なんだ…?











否定してくれないの?










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 っ、あなた!
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 今から会おう?!
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 家で待ってるからっ!
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 電話で話せるでしょ
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 …違うんだよ!
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 違う!見間違いだよ!
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 今更とぼけないで!
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 動揺してたくせに、
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 すぐ否定しなかったくせに
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
📞 っ、切るから
 ア ナ タ
ア ナ タ
📞 え、ちょ!!











📞 ツーツーツー





















最悪…無理に切るなんて、、、










 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
どう?
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
ホントだったでしょ~!
 ア ナ タ
ア ナ タ
うん、
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
でもぬな、居場所失っちゃったね
 ア ナ タ
ア ナ タ
何で…?
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
僕、ジミナの親友だよ?
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
知ってるに決まってるじゃん!
 ア ナ タ
ア ナ タ
はぁ、、、










        
テヒョン君に知られてしまうなんて











面倒事になりそ






























→