無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🐰











僕が話し終えると

あなたのご両親はなんとも言えない顔をした





















怒りだったり、悲しみとか、、

そういうのじゃないの???










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 あの…何か、、 











()




















お 母 さ ん
 実は、本当の姉弟じゃないの … 
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 …え 
お 母 さ ん
 それに気付いてたわ 
お 母 さ ん
 ジョングクがあなたを好いてること   
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 そ、そうなんですか、 











何も言えなかった

だって薄々そうなんじゃないか、って

疑ってた自分がいるから





















…どう見ても、似てないもん










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 すみません、帰りますね、、、 
お 母 さ ん
 ええ 











あなたはきっと知らないんだろうな





















なら、言わなければいい










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 っ、、 











良くないことだって分かってるけど































取られそうで、怖い





















でもこの家にいるのは

僕とご両親だけじゃない”ことをすっかり忘れてたんだ






























 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 ……… 




















→
(短めですみません、次はジョングクsideからです。)