無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🐰











@翌日





















私はある事を確かめたくて

いつものように校門前でジョングクを待ち伏せした





















案の定ジョングクは喜んでくれた

言わなくても来てくれるなんてっ”だってさ










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 嬉しいよ ^^ 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 そう… 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 ねぇ、あの2人は… 










()
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 僕達のことですか?ㅋ 
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 ぬなっ !!! 











ジミンくん、、、

私はためそうと思う、貴方を










 ア ナ タ
ア ナ タ
 聞いてよ 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 私、ジョングクと姉弟じゃなかったみたい 










()
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
 えっ 
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 ……… 











ほら、前も黙ってたよね?

何か知ってるんだ…










 ア ナ タ
ア ナ タ
 そういえばさ ? 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 私とジョングクが似てる 
 そう言ってくれたのはジミン君が 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 初めてなんだよ ㅋ 
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 ……… 









()
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 やだな〜!ㅋ 
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 僕に何が言いたいんですか?ㅋ 











明らかに目は泳いでるよ










 ア ナ タ
ア ナ タ
 もしかしてさ、、、 





















()
    私と貴方が姉弟なんじゃない?




















 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 …っ! 










()
 ア ナ タ
ア ナ タ
 なんてね、ㅋ 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 冗談だよ 











でも彼をよく見つめると…

見つめれば見つめるほど、、、










 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 …どうして 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 ん? 
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 どうして分かったんですか… 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 適当 
 ジ ミ ン
ジ ミ ン
 ……… 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 あの時似てる”なんて即答したから? 











強いて言えばね






























→