無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🐰











つい、弱音を吐いてしまった










 ア ナ タ
ア ナ タ
(何で何も上手くいかないんだろ…っ…)










()
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
ぬな…











テヒョン君はいつもの危ない(?)ハグじゃなくて











全てを包み込むような、そんなハグをしてくれた





















こんなこと良くないのに、











落ち込んでるからか、弱ってるからか、身体を預けてしまった











突き放さなきゃいけないことなんて分かってる










 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
弱ってると甘てくれるんだㅋ
 ア ナ タ
ア ナ タ
一言多い











てか、、、










 ア ナ タ
ア ナ タ
何でこんなとこにいるの
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
…それはこっちのセリフだよ
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
僕の家あそこだもん!











そう言って指差したのは











公園の真ん前にそびえ立つ大きなマンション










 ア ナ タ
ア ナ タ
学校から遠いんだね、
 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
ん~、慣れたから大丈夫ㅋ











そんな会話をしてる時私の携帯が煩く鳴った











 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
あ、彼氏?
 ア ナ タ
ア ナ タ
………











カバンの隙間からちらっと覗き込むと











ゆんさな”の文字










 テ ヒ ョ ン
テ ヒ ョ ン
出ないの?
 ア ナ タ
ア ナ タ
…出るよ











別れ話されちゃうかな、、?











なんて思いながら電話を取った




























→