無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🐰











そんな筈ない、そう信じたい































でもさ、他に誰がいるの、、、?





















小さく聞こえた





















違う、嫌でも耳に入ってしまう






























 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 (ふーっ/) 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 (は、、ッ/) 











そんな荒い鼻息が足にかかる





















あの可愛い弟が、、、姉に欲情する、なんて…





















信じられない、、、










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 はぁ、、、っ 











やめて





















それ以上聞いていたくなくて寝返りを打った

こうすればジョングクが逃げるのが分かっていたから










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 ?! 











バタバタと音を立てて部屋へと戻るジョングクの後ろ姿










 ア ナ タ
ア ナ タ
 気付かないとでも…思ってんの ? … 











何年も一緒にいるんだから知ってるでしょ……?

私が音に敏感なことも

物音ですぐに目を覚ますことも、、、










 ア ナ タ
ア ナ タ
 はぁ 











リビングで寝なきゃ良かった

と、後悔するには遅かったらしい





























→