無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

🐰











サナの声は近付いてくるものの

一向に部屋の扉が開かない…





















そっか、ここに来るの…

初めてだもんね?










 ア ナ タ
ア ナ タ
 さな、っ … 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 あいつの名前呼ばないで … 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 おかしくなりそう 











何言ってんの、、、

あんたはもう可笑しいよ…










 ア ナ タ
ア ナ タ
 さなっ、さなっ、さな !!! 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 お願い、さな … !!! 




















()
 ア ナ タ
ア ナ タ
 ひっ、、、 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 触らない、で 











また、あの時みたいに足を撫でるジョングク










 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 そんなの無理だよ 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 こんな近くにぬながいるのに 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 っ、あんた何考えてんの 
 ジ ョ ン グ ク
ジ ョ ン グ ク
 ……… 











ジョングクの手は止まることなく

どんどん上へと上ってくる










 ア ナ タ
ア ナ タ
 お願い、や、、 









































🚪 バタンッ




















 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 あなたっ !!! 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 さ、さな … 











サナが来たからか

腕の力を緩めてくれてすぐに抜け出すことが出来た










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 あなた … 
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 足震えてるよ、、 
 ア ナ タ
ア ナ タ
 え … 
 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 ね、僕ん家行こ ? 











………サナに甘える事にした

今は同じ空間にいるのも嫌に感じる

あんな“ 可愛かった ”弟はどこに?































____________________________________




















@ユンサナside





















あの後僕の家へとあなたを連れていき

また、戻って来た










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 お邪魔します 
お 母 さ ん
 あらっ、あなたの彼氏君 ?! 
お 母 さ ん
 やだっ、こんなイケメンなんて 
 聞いてないわよ ~ ㅋ











テンションの高いあなたのお母さん

でも、僕は今そんな気分になれなくて

すぐに話をした










 ユ ン サ ナ
ユ ン サ ナ
 驚かないで聞いて下さい 











僕は全て話した

今さっき起こった事や、彼の気持ち

勝手に言うのは良くないかもだけど





















あなたの為だから、、、






























→