無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,163
2019/10/31

第24話

23
時は遡り...___



BAR Lupin
太宰 華楓
太宰 華楓
兄さん。
此れ、本当なの...?!


携帯の画面に映し出されているのは
電車メールの画面...












「雫の存在がポートマフィアにバレた。
詳しくはLupinで。」












太宰治
太宰治
雫が長になっている組織があるみたいなんだ。その組織のミスで、雫がポートマフィアの防犯カメラに写り、華楓の生存説がポートマフィア内で浮上した...
太宰治
太宰治
ポートマフィアの数十人が雫と、、、
華楓の捜査に当たってる。
太宰 華楓
太宰 華楓
そん、な......
太宰治
太宰治
私の方でも色々対策を取る。
でも、直ぐに探偵社の方を調べる人もいないだろうから、暫くは外出を控えるなり、探偵社の近くに居るなりして対策をした方がいい。
太宰 華楓
太宰 華楓
外出しない...のは厳しそうね。探偵社の近く、探偵社員と一緒に行動する等の対策をとるね。
太宰治
太宰治
判った。急用で相談したい時等の為に合鍵渡しておくよ。
太宰 華楓
太宰 華楓
...有難う。兄さん
太宰 華楓
太宰 華楓
何時も迷惑かけて、本当にごめん。
太宰治
太宰治
謝罪は受付ませーん。
太宰 華楓
太宰 華楓
...子供っぽいw
太宰治
太宰治
ふふっ。
太宰 華楓
太宰 華楓
...それじゃあ、また
太宰治
太宰治
呉々も気をつけて
太宰 華楓
太宰 華楓
うん。ありがと























_____________________



____________



_______



__















太宰 華楓
太宰 華楓
ハァッ...ハァッ...ハァッ...!!!
私は走った。


ひたすらに、遠くへと

















怖い


怖い


怖い








見つかって、しまった...












私は無意識に、とある場所へと向かっていた



















兄さん...!!!







































_____________________

太宰side
太宰治
太宰治
あー。疲れた........



今日の仕事を終え、溜め息をつき乍
自宅マンションの鍵穴に鍵を差し込んだ。











.......違う









鍵が掛かってるときは、違う感覚な筈なのに....





開いて、る?


















厭な予感がして、慌てて家に入った。

















太宰治
太宰治
華楓...ッ?!
太宰 華楓
太宰 華楓
兄さ....、ごめ...なさ、い











片目から涙を流す華楓..._____


























躰中切り傷だらけで


その手にはナイフが握られていた







太宰治
太宰治
ッッ何やってるんだ!!!








私は急いで彼女に近寄る








太宰 華楓
太宰 華楓
私なんて..........最初から存在しなければ良かったのにね.......
太宰治
太宰治
何、云って...........
太宰 華楓
太宰 華楓
もう、生きたくないの....ッッ!!!!!!




















それは、華楓の心の叫びだった..._____