無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

❤︎30話❤︎
お母さん
勇斗くん…
磯村勇斗
磯村勇斗
はい
お母さん
こっち来てくれる?
あなた

私ここで待ってるね

磯村勇斗
磯村勇斗
行ってくる
ーーーーーーーーーーーー
お母さん
勇人くんお母さんは今I C Uにいる
磯村勇斗
磯村勇斗
ありがとうございます
お母さん
まだ意識は戻ってないけど…
磯村勇斗
磯村勇斗
はい
お母さん
お父さんなんだけど
お母さん
ごめんね…亡くなっちゃった
磯村勇斗
磯村勇斗
え?
お母さん
勇斗くんごめん助けられなくて
磯村勇斗
磯村勇斗
いえ…父は本当に死んだんですか?
お母さん
うん…
磯村勇斗
磯村勇斗
わかりました…
お母さん
今日は家に帰る?
磯村勇斗
磯村勇斗
はい…
お母さん
今日あなたの家に帰りな
磯村勇斗
磯村勇斗
え?
お母さん
1人でいるの嫌じゃない?
磯村勇斗
磯村勇斗
いいんですか?
お母さん
いいよ  お父さんにも許可もらってる
私もお父さんも当直で家にはいないけどね
磯村勇斗
磯村勇斗
ありがとうございます
ーーーーーーーーーーーー
お母さん
あなた今日は勇斗くんと一緒にあなたの家で泊まって
あなた

…わかった

あなた

お母さんたち当直?

お母さん
うん
あなた

じゃあね 帰るは

お母さん
明日なんだけど学校どうする?
磯村勇斗
磯村勇斗
行きます
お母さん
行ける?
お母さん
2人とも休んでいいよ
あなた

勇斗無理しないでいいよ
勇斗が行くなら私も行く

磯村勇斗
磯村勇斗
明日学校休んでもいいですか?
お母さん
いいよ
連絡しとくね
あなた

ありがと

磯村勇斗
磯村勇斗
あなたいこっか?
あなた

うん
お母さんおやすみ

お母さん
気をつけてね