無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

❤︎29話❤︎
磯村勇斗
磯村勇斗
この病院であってる?
あなた

はい

あなた

夜なので緊急外来の受付の人に名前を言えば…

お母さん
あなた〜
あなた

お母さん!!

磯村勇斗
磯村勇斗
父と母は無事ですか?
お母さん
あなたが勇斗くん?
磯村勇斗
磯村勇斗
はい
お母さん
こっちよ!あなたもくる?
あなた

いく

お母さん
勇斗くん落ち着いて聞いてね
磯村勇斗
磯村勇斗
はい
お母さん
お母さんは一様助かった
磯村勇斗
磯村勇斗
一様って?
お母さん
いつ急変するかわからないから油断はできない
磯村勇斗
磯村勇斗
はい
お母さん
お父さんなんだけど…
お母さん
今亡くなってもおかしくない状況
磯村勇斗
磯村勇斗
はい…
あなた

誰が治療しているの?

お母さん
あなたのお父さん
磯村勇斗
磯村勇斗
報告ありがとうございます
歩きながら処置室の前まで来た
お母さん
2人ともこのベンチで座ってて
あなた

わかった

ーーーーーーーーーーーー
お母さん
勇斗くん処置室の前に座ってるから
病院の人「はい!」
看護師「お母さんの方はICUに移動します」
お母さん
ありがとう
ピーーピーー
お父さんの警告を告げる音
ピピピピピピ
看護師「7月14日午後9時56分お亡くなりです
お母さん
勇斗くんに報告してくる
ーーーーーーーーーーーー