第58話

そこから
477
2021/03/19 01:00
辰哉side

夜兄妹俺と照以外寝た頃俺は照をリビングに呼んだ

階段から降りてくる
照は今にも消えそうな感じだっから

          ギュッ

俺は照を抱きしめた

💛「俺…言い過ぎた…そうだよな…あなたも
  好きな学校ぐらい選びたいよな…」
💜「それとあいつらが家に出ていくのを
  止めさせよう」

そして次の日
兄妹全員リビングに呼んで話し合った

出ていくのは無し
そしてあなたの行きたい
定時制の高校を受けさせるそれで決まった


あなたの卒業式
兄妹全員で行く
あなたは学校に行くまで俺らに

❄️「うち泣かへんよ!そんな自信ある!」

とか言いながら卒業式が終わって康二と

❄️「うわぁぁぁぁぁぁ卒業したない!ギュッ泣」
🧡「あなた〜ギュッしょうがないやん
  でも卒業おめでとう〜泣」

あなたの担任の先生やお世話になった先生
同級生からの部活の後輩までもこっちを見ている

👩‍🎓「もうあなたのせいで泣かないって決めたのに
  泣いちゃったじゃん!ギュッ」
❄️「ごめん!!ギュッ」


そこから2日後
あなたのここからの勝負入試

全員ソワソワしまくってたけど1番は

💚「あなた大丈夫だよね…
  昨日めっちゃ勉強してたもん…
  でも人数溢れたんだよね…
  異例とか言ってた…本当に大丈夫だよね…」

そして今日 合否発表

🖤「あなた105だよな…」
💛「でもまだ8:55だぞ…」
❤️「9:00からだからね…」

9:00

👩‍💼「それでは参ります!バサッ」

そして見るとそこには…

⛄「あった!!!!」
❄️「うち合格した!!ヤバい嬉しい!」
🧡「あなた〜ギュッ 泣」
❄️「康二〜!!ギュッ 泣」
💙「今日はあなたの好きなもんだな!」
❄️「ご飯?涼太?」
❤️「いいよ!」


今はみんなでご飯を食べてますわら


❄️「辰哉!全然食べてないじゃん!」
💜「ごめんごめんわら」
💗「そっか!顔がでかいからご飯少ないな〜
  って思ってるんだ!」
💜「思ってねーわ!わらあと顔いじりやめろ!」

💟「あなた!はいあーん」
❄️「あーん…ありがとうめっちゃ美味しい!」
💟「あなた好き〜ギュッ」
❄️「うちもだ〜いすき!ギュッ」

やっぱこの空気感がたまらなく大好きだ!

______________________

はいかなりの時間ですね…空きましたね
ほんまにすみません…

頑張って投稿します…

プリ小説オーディオドラマ