無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

じょんよんside
私はどうなってもいい…だから…つうぃ…逃げてっ…





つうぃside
きっとじょんよんのことだから自分はどうでもいいとか思ってそう…
絶対逃げないから。じょんよんが傷付くくらいなら一生ここにいる。
じょんよん
じょんよん
もも…
もも
もも
なに。
じょんよん
じょんよん
ほんとにつうぃもこんな状況なの…?
もも
もも
そうだよ。なんなら電話する?
プルルル電話の着信音
さな
さな
ももおんに?さなです。
もも
もも
あ、もしもし?じょんよんがほんとにつうぃは生きてるのかって
つうぃ
つうぃ
…じょんよん!?
つうぃ
つうぃ
じょんよん!私はここよ!
じょんよん
じょんよん
つうぃ!!よかった。ひとまず生きてるのね…
さな
さな
感動の再会みたいな雰囲気やめなさい?
じょんよん
じょんよん
…どうしたらふたりとも助かる…?
もも
もも
じょんよん?なんて?
じょんよん
じょんよん
なんでもないよ、
つうぃ
つうぃ
じょんよん…みんな…
つうぃ
つうぃ
あっ、さなおんに?
さな
さな
なに?
つうぃ
つうぃ
みんなは不思議がってないの?帰ってくるの遅いねって。
さな
さな
思ってないんじゃない?いつも私たちコンビニから帰るの遅いし。
じょんよん
じょんよん
なら、これから不思議がるでしょ。どうするつもり?