無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

さっきキスはしたのに…
つうぃ
つうぃ
んっんっ///
女子同士なはずなのにっ…じょんよんが…イケメンだようっ…///
じょんよんは後ろからそっと私の胸を…
じょんよん
じょんよん
つうぃ…いつのまにこんなに成長してたの…
つうぃ
つうぃ
じょんよんが揉むからっ…成長っ//しちゃったんだよ//
じょんよん
じょんよん
ふーん…
そう言いながら私の胸の突起を優しいじょんよんの舌がなめるの…
つうぃ
つうぃ
んあっ…!だっ…めっ…//
じょんよん
じょんよん
じゃあやめる?
つうぃ
つうぃ
いやだっ!
じょんよん
じょんよん
素直じゃん。ご褒美あげる♡
ご褒美…?
つうぃ
つうぃ
えっ…//
パジャマのズボンを脱がされる私…
つうぃ
つうぃ
恥ずかしいよっ…///
そんなわたしを横目にどんどん私の「布」を剥がしていくじょんよん…
じょんよん
じょんよん
つうぃ濡れすぎ笑笑
つうぃ
つうぃ
んっだって…//
じょんよん
じょんよん
まだ胸しかやってないよ…?笑笑
そのまま私のなかに指を入れて掻き回していく…//