無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

33
学校
なむじゃ
おい、誰だよあのよじゃ
よじゃ
え、待ってイケメンいる!
子供のじょんよん
……
子供のてて
こいつ俺のだから。みんな取るなよ。
入学式もまだなのに同級生の人たちにそう宣言したてて
なむじゃ
ありゃ取れんな。
よじゃ
諦めよ。
子供のてて
大丈夫?
子供のじょんよん
うん、
子供のじょんよん
あのさ!
子供のてて
ん?
子供のじょんよん
私なんかがてての彼女でいいのかな?
子供のてて
は?
子供のじょんよん
ててイケメンだからモテるし私なんかが独り占めしてていいのかな?って、
子供のてて
なにそれ。なんか腹たつ←
え。嫌われたかな?捨てられるんかな。やだな。
子供のてて
しらない。
そう言って駆け出していったきみの背中は大きくて
“寂しそうだった”