無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

20
じょんよんside
むっちゃ目見開いてこっち見てんじゃん…
当たり前か。自分でも何言ってるかわかんないし。
てか、かわいいっ!
そんなこと思ってる場合じゃないか。
なんだよ。「自分でもわかんない」って。
でも自分でもわかんないからなあ…
つうぃ
つうぃ
言えないなら大丈夫だよ。
そんな優しい君の一言でどれだけ救われてきたんだろう…
そういうとこが「好き」なんだなあ…
でも。私の方がお姉ちゃんなんだ。しっかりしなきゃ。
じょんよん
じょんよん
ううん。言うよ。あのね…
私は自分が何にすねてたのかわからないこと。
つうぃが気絶したことに対してなのか、それに悪気なさそうにしてたことに対してなのか、
でもつうぃが悪くないことなんか分かってるのにつうぃを無意識に責めている私自身に対してなのか。
何に対してすねてたのかわからないこと。
私は全部話した。
つうぃ
つうぃ
そっか。話してくれてありがとう😊